薄毛を改善するために見直したい生活習慣〜ストレス

ストレスと抜け毛は大きく関係することはよく知られています。

 

私達の身体はストレスを受けると自律神経の働きが乱れて全身の血管が収縮し、血行が悪くなります。

 

当然頭皮の血流も悪くなり、髪に必要な栄養素が運ばれずに抜け毛が進行するのです。

 

薄毛の原因はストレス

他にもストレスを受けることで頭皮に皮脂が多く分泌されたり

内臓不調になって育毛に必要な栄養が作られなくなります

 

特にストレスを感じると身体の中で「亜鉛」が多く消費されてると言われており
亜鉛は育毛のためには最も大切な栄養素の一つです。

 

更にストレスが溜まると食欲がなくなったり、睡眠不足になるなど抜け毛を進行させる要因をいくつか作り出されます。

 

現代のストレス社会に生きる私たちにとってストレスのない生活を送ることは無理です。

 

しかし自分が好きなことをみつけてストレスを解消することはできるはずですので

 

一日少しでも時間を作ってストレスを溜めないようにしたいものです。

 

また必要であれば心療内科などを受診することをおすすめします。

薄毛を改善するために見直したい生活習慣〜お酒

お酒を飲んだ直後に身体が暖かくなるのは身体の血流が良くなるからだと言われています。

 

またお酒を飲むことで日頃のストレスを解消している人もいて
育毛のためには適量のお酒は悪いことではありません

 

しかしそれが飲み過ぎてしまうと逆に抜け毛を進行させてしまう要因になります。

 

薄毛の原因はお酒

例えばアルコールは肝臓で分解される際に大量のビタミンB群の栄養素を多く消費します。

 

ビタミンB群は育毛のために必要な栄養素であり
アルコールを分解するために使われてしまうと髪の成長の妨げになるのです。

 

更にほとんどのお酒には糖質が含まれており、飲み過ぎることで頭皮に皮脂が分泌されます。

 

ビールやワイン、カクテルや日本酒などは多くの糖質が含まれているので焼酎やブランデー

 

糖質カットのお酒であれば比較的糖質は少ないです。

 

育毛のためには普段から自分にとってお酒の適量を把握して楽しむようにし

 

飲み過ぎてしまったら飲まない日を作るなど適度に休むように心掛けましょう。